[HOME]   [全国制覇状況!!]


Name 性別
Email(任意) 受験地
URL Password
 
名前:   又は  
地域 お名前 性別 HP コメント 登録日:No
大 阪 のんたん   みかんさん>大阪の実技試験で苦労されているようですね。私は千葉県受験で昨年やっと合格しましたが、大阪へは4年行きました。やはり実技の採点に納得がいかずにいました。1回目は音楽・言語・絵画のうち絵画が足りずに落ち、2回目も絵画、3回目は2科目選択となったので言語と絵画を受験し、言語が落ち、4回目は満点に近い点数で絵画が合格し言語はあと1点足りず・・無念でした。他の科目はすべて合格していましたので、実技に泣かされました。
そこで判ったことは、絵画については絵を上手に描けるかどうかではなく、対象年齢のこどもの描く絵の特徴を認識しているかどうかと言う観点で採点されるのではないかということです。たとえば「頭足人」「レントゲン描写」などです。参考にしていただけたらと思います。
言語については今でも納得がいきません。合格したときも落ちたときもペープサートでしたが、声の調子や大きさ、試験管をこどもと見立てての目線など、どちらも同じように振舞ったつもりなので何が悪かったのかは全く見当が付きません。59点と60点の境目が試験管の感性によったのではないかと感じました。受験者の多くは大阪弁のアクセントでしたから、バリバリの東京弁の私は違和感を感じました。
01月30日
16:42(396)
大 阪 みかん   実技試験は試験官がそれぞれ違うわけですから平等に点数化されるものではないので不公平なところもあるように思います。せめて基準となる項目をあらかじめ発表してもらえればいいなぁと思うのですが・・・。 12月21日
15:15(395)
石 川 たまりん   私も今年が受験3年目でやっと筆記試験の全科目に合格し、実技試験の音楽で3点足らなかっただけで、落ちてしまいました。あの程度弾けて落とすなんてとても納得がいかず、何度か抗議をしたんですが、対応してくれません。
この掲示板を見て明らかに思ったのは、試験官の感性によってだいぶ採点に差が出るのではないかという疑問です。皆さんはどう思いますか?
保育士になるのにそんなに完璧な技術が必要なのかとも思ってしまいます。
私と同じように採点に納得がいかず、抗議した方いませんか?
12月17日
23:50(394)
大 阪 みかん   今年が受験3年目でやっと筆記試験の全科目に合格しました。でも、実技試験の絵画制作で3点足らなかっただけで結局落ちてしまいました・・・。かなりショックです。そんなに変な絵を描いたつもりもなかったのですが、一体どういう基準で採点されているのでしょうか? 12月16日
00:38(393)
埼 玉 のぞみ   追記・・・余談ですが、音楽の試験のとき、「では、ありさんの“おつかい”、お願いします」と試験官の方に言われ、「はい!」と返事をした後に一瞬の間があり・・・その後、試験官2人と私で同時に笑い出してしまいました。だって、だって、課題曲は・・・「ありさんの“おはなし”」。“おつかい”のほうはあまりにもポピュラーなので、試験官の方もついつい言ってしまったのでしょう。そんななごやかムードで始まった試験でした♪ 12月06日
23:31(392)
埼 玉 のぞみ   2年目の今年、保育実習理論に合格して実技に進むことができました。
【音楽】50点・・・とにかく何度も弾いて、歌って、課題曲に慣れました。余裕が出てくると自然と表情もよくなるし、何よりも“楽しく歌おう!”という気持ちがストレートに声に表れます。歌・ピアノともにわずかな音の間違えはありましたが、結果をみれば、それは大きな減点対象にならないと思われます。試験の個室は狭くて、試験官2名に対して背中を向けて演奏するような感じになりましたが、楽譜にかじりつくのではなく、実際に子どもたちが近くにいるのを想定して少し身体をひらいた状態で演奏しました。
【言語】49点・・・掲示板でどなたかが紹介されていた“1日1話よみきかせ・おはなし366”という本の中から、“ぞうの鼻が長いわけ”を選びました。どの年齢も、この話一つを準備しました。言葉遣いやテンポを変えることで対処するつもりでした。最初に質問形式で子どもたちに問いかけをする部分を自分で創作し、本題に入りました。音楽同様、子どもたちに実際に問いかけているように話したので(「そう、大当たり!じゃあ次の質問、いくよ!」というように)、妙な間があったりもしましたが、それが功を奏したのか、落ち着いて話すことができました。身振り手振りは一切なし、手はずっとひざの上で、台詞ごとの声色の変化も特につけなかったのですが、生き生きと話すことを心がけました。題名を言った分、あと5秒くらいのところで終了になってしまいました。もしかしたらそれがマイナス1点だったのかもしれません。

今後受験される方の参考になれば幸いです。
12月06日
23:21(391)
埼 玉 すみれ   今年3年目ようやく努力が実り資格取得できました。あきらめずにやってよかったと思っています。初年度35点、2年目50点と保育実習理論で苦戦しましたが全国統一になり100点を取り実技に進むことが出来ました。わりと簡単に資格取得出来る県と何年もかかってしまう県があるのには、同じ資格を取るのにどうしてなんだろうっと疑問を持ちつつ「全国統一になってよかった、今年も埼玉独自の問題なら受かってなかっただろう」という感想です。
実技についてですが、埼玉県立大学が駅から意外と遠く、時間に間に合わなくなったのでタクシーを使いました。もったいないので来年受験される方は少し早めに出掛けられることをお勧めします。
言語と絵画を取りました。言語は3才用に「おはなしのろうそく」から「穴の話」を、4・5才用に息子が幼稚園からもらってくる「あんふぁん」の中にのっているお話「運のいい日」を練習していきました。「おおきなかぶ」ひとつだけを練習していると話ている方もいましたが、あまりにもポピュラーなお話すぎ他の受験生と話し方に差が出てはチェックが厳しくなるかと思い私は避けました。当日は4才と言われたので「運のいい日」を話しました。話し方はゆっくり、おおきな声で、特に抑揚は付けませんでした。子どもの前でという設定だったので、顔と目線だけは右から左へ、左から右へゆっくり動かしながら話ました。試験官の1人と目が合ってしまうので緊張しました。43点でした。言語は全員合格でした。
絵画は運動会の玉入れを5人の子どもと先生1人を書きました。32点だったので危なかったです。3人くらいの子どもにして大きく書けばよかったかと反省しています。

12月05日
12:41(390)
埼 玉 リズ   無事合格することができました。
3年目の今年、私は小児栄養と保育原理、保育実習理論を受験しました。

私は某通信教育のテキストと科目によって全社協のテキストを併用して勉強しました。
通信教育のテキストは分かりやすくまとめられていたので理解しやすく、全体のポイントをつかむのに役立ちました。
全社協のテキストは、私にとっては見た目も内容もボリュームのあるものだったので(笑)少し抵抗はありましたが、このテキストで使用されている文章が試験でも多く使用されていたと感じました。
テキストはたくさんあると思います。「これがいい」とは一概に言えませんが、全社協のテキストはこちらでもたくさんの方がおっしゃっているように私からもオススメです。

実技試験については、どのような基準で評価されているのか分からないのでむずかしいのですが、テキストに記載されている実技試験のポイントや注意点に気をつけることが最低限のルールかなと思います。
私は絵画と言語を受験しました。自分としては比較的言語の方が心配でしたが、結果は絵画の方がギリギリで、言語の方が高得点でした。
「絵画」では、本番、自分が思っているより緊張して手が固まったり指が震えたりして思うように書けないことも多いと思います。限られた時間の中で満足のいく仕上がりにできるよう、たくさん書いて練習するとよいと思います。絵のイメージがわかない場合は、書店等で参考になる本を探してみるのもいいと思います。
「言語」については、対象年齢に合ったお話を選んで、話すスピードに注意し、無理のない声の大きさ、声のトーンで話すこと、そして何より笑顔で、明るく、楽しく演じることが大切だと思います。

勉強するにあたって、私はこのサイトをたくさん活用させていただきました。おかげで多くの情報を得ることができ大変お世話になりました。夢輝さん、そしてこの掲示板に書き込んでいるみなさまに大変感謝しております。本当にありがとうございました。
これから受験されるみなさま、それぞれ色々な状況下で努力されていることと思います。
大変なことも多いと思いますが、諦めずに最後までがんばってください。応援しています。
12月02日
13:55(388)
大 阪 旋律   何度もすみません。言語、絵画のできについて、自分よがりにならないためにも、講習会などを利用し、客観的な評価をもらうことをお勧めします。非常に参考になります。 11月30日
01:10(387)
大 阪 旋律    実技試験について感想を述べさしていただきます。まず絵画についてお詫びをしたいのですが、デジカメ等送る機械がないので投稿できず、すみません。言語と絵画を受験しましたが、順に47点、31点でした。会場は「エル・おおさか」でした。机が揺れるなどの弊害はありませんでした。あと部屋は熱かったのですが、エアコンがついていたので試験監督に言えば調節してくれてたと思います。これらの点では環境がよいと思います。
 絵画について、他の方も体験され書き込まれていましたが、私も全く予想外に緊張のため手が震えて非常に大変でした。落ち着けと自分に言い聞かせても焦りが増幅され止ることはありませんでした。そのため下書きが波打って酷い仕上がりとなり、ダメだと思いました。色を塗る段階で、少し収まりましたが、最後まで完全に止まることはありませんでした。上からなぞると、なんとか直線や曲線らしくなりましたが、ずれは残り、震えが止まらなかったため完全な修復はできませんでした。ただ、かなり練習してたおかげで、時間に余裕を持って終わることができました。不測の事態に備えるためにも、かなり練習することをお勧めします。
 言語ですが、部屋に入ると、試験官が二人いて子どもを想定した椅子は並べられていませんでした。話す際に座ってでも立ってでもよいという事・対象年齢を試験官が言ってベルが鳴ったら開始だという事・最初に話の題名をいう事の3点くらいを説明していました。座って話しますと言って座ると、5歳児が対象と言われベルが鳴りました。以下長くなりますが私が話した内容の一部です。
『兎と亀のお話をします。兎が走っていると亀に出会いました(ナレーションでは子どもを想定し首を左から右になど、ゆっくり動かしながら話した)。「やあ亀君、君はそれでも歩いているのかい。随分と歩くのが遅いんだね(意地悪そうに)」(会話の際には、亀の台詞と兎の台詞で、間を利用して顔の向きを振り分けて話しました)「そんな言い方は酷いじゃないか(怒ったように)」…ぴょーん、ぴょーん(音に合わせて首を上下させた)と兎はあっと言う間に飛び出しました(ナレーションなので子どもを見渡すように顔をゆっくり動かしながら話した)「よ〜し、このまま野原を突っ切って山の半分まで一気にいくぞ!それ(兎単独の台詞なので顔の向きは固定せず見渡すように動かした)」びゆ〜ん(走り去る遠近感を出すため、顔を下から上に動かしながら、声は始め大きく最後は消えるようにした)…』このような感じで、恥ずかしいですがメリハリが分かるように、かなりオーバーに話しました。それと落ち着いてゆっくり話すことを心がけ、表情や声色を使う必要のないナレーションの部分では笑顔で話すよう気をつけました。しかし10秒くらい前に終わりました。ただ間違えることはありませんでした。あと声の質と大きさを変え、首を動かすくらいで、手は全く使いませんでした。
参考になれば幸いです。
11月30日
01:05(386)
奈 良 にゃんこ   奈良県で受験しました。今年2年目で、小児栄養、小児保健、保育実習を残しての受験となりました。社会人として3年間会社勤めをして、保育士を目指す為に会社を辞めて挑戦しましたが、保育のことなど右も左もまったく分からない状態だったので、今から考えるととても無謀だったのかもしれません。(汗) にゃんこは、男ということもあり、ピアノなんてこれっぽちも触ったこともなく、バイエルって何?って感じでしたよ。今では、努力の甲斐もあって、人並み程度には演奏できるようになりました!!
初受験は、京都でした。保育実習の実技試験(言語)では、一時話題になったおばあさんの試験官にあたり、音楽は6割以上取れていたものの・・・言語は55点で不合格となりました。とても悔しかったです。でも、それをいいバネにしたこともあって、今年の合格につながったのかもしれません。
今年は地元の奈良県での受験ということもあって、なにげにリラックスできたと思います。
筆記試験は、今年物議を醸しだした小児栄養の問題に阻まれ(まだ不適切問題として残ったままではあるが・・・)、筆記の結果が届くまでの1ヶ月間とても不安な毎日でした。その1ヶ月間の間に、この掲示板でお知り合いになった方と協力して、小児栄養の不適切問題に端を発して、国会議員の方を通じて改善案を厚生労働省へ提出したり、また奈良県の知事宛に改善案を提出したりと、いろいろやってみましたよ。来年の試験で生かされることを願ってやみません。
それはともかく、小児栄養もぎりぎり合格して、実技試験になんとか進んだのですが、試験当日のピアノで、まさかの失敗をしてしまいました。試験官は、中年の優しそうな女性の方2人でしたが、緊張のあまり、声や指は震えた状態で、課題曲1曲目「ありさんのおつかい」では、中盤の左手の部分でミスタッチし、締めの部分で右手の和音を外してしまいました。
課題曲2曲目「空にらくがきかきたいな」でも、前奏部分を1オクターブ低く弾いているのに一瞬気づき、すぐさま弾きなおして始めました。全体的に無難に弾いていたものの、締めの右手の部分で、またまた外してしまい、なんとも後味の悪い状態で演奏終了しました。2曲ともミスタッチは多かったのですが、できるだけリズムを崩さないように止らないように気をつけ、声も大きめに歌っていたように思います。(もうここで、実技には合格できないだろうと確信していましたが・・・。)
続いて言語の試験では、当日4歳児向けにお話するように指示され、私は松谷みよこ先生の「あめこんこん」をお話しました。試験官は初老の男性の方と中年の優しそうな女性の方2名で行われました。女性の試験官は終始こちらを見ては頷いていただきましたが、男性の試験官はこちらの方はあまり見ておらず、お話の抑揚や全体的なリズムを耳で聞いている感じを受けました。 言語では、音楽での緊張が嘘のように消え、目の前で楽しそうにお話を聞いているこどもたちがいるのをイメージして、全体的に3箇所に分けて、見渡しながら楽しくお話しました。ちょうど3分の合図でこちらのお話しも終わったので、ちょっとビックリしました。
実技の試験の結果は、あれだけ間違っていたのにも関わらず、音楽は35点もいただきました。言語の方は47点と高得点をいただきました。
2年目で合格できて本当によかったです。筆記試験にしろ、実技試験にしろ、最後の最後まで諦めずに挑戦していくことが大切だったなぁと思っています。これからもこの2年で得たことを保育士の仕事の中で生かしていけるように頑張っていこうと思います。夢輝様をはじめ、このエンゼルカレッジで出会えた方々に、とても感謝しております。有難うございました。そして、来年の試験に挑戦される方々、最後まで諦めず突き進んでください!!応援しております。

11月29日
19:42(385)
埼 玉 ここほれワン   埼玉で受験して無事合格しました。今年は、発達・精神と実習のみの受験でした。心配していた実技では、どうやら合格率がすごく高くて、今年から実技は配点甘いという噂って本当なんだーって思ってしまいました。
実技の合格率ほぼ100%でしたよ。実技全体で落ちたのは10名くらい・・・。

私はそれほど時間をかけずに実技に望みましたが、そのレベルでも合格できるってことなのか、それとも埼玉が甘いのか、今年だけ甘いのか・・・は定かでありません。
でも、来年実技を受けられる方には、朗報になったでしょうか?

来年、実技を受けられる方へ。堂々と、そして丁寧に!ここを押さえれば実技は合格できます!
(もちろん、練習はしましょうね。)
11月29日
18:37(384)
奈 良 シフォン   実技音楽50点、絵画33点で合格できました。実技試験会場には早めに着いて正解でした。奈良教育大学の門付近には案内が何もなくて、門付近の警備員がいる所で聞いたら、地図が用意されてて、その地図を頼りに教室まで行きましたが、学校内が広くけっこう歩きました。実技受験者は全部で45人でした。初めに45人皆同じ教室に集合しててそこで試験の流れなど説明を受けました。そして、「今日は天気が良いので試験が終わったら奈良散策されてはいかが?」みたいなこと言って少し場を和ましてくれるような所もありましたので少し緊張がほぐれました。その後絵画を描く教室に移動。9時スタート。鉛筆を削る時は挙手するよう説明がありました。机は一人2個ずつ使ったので作業はしやすかったです。絵画が終わって初めの教室に戻り、15分後位に音楽の教室に移動し、絵画で腕がまだ疲れたまま、ピアノを弾きました。ほんと緊張する暇もなく音楽は終わりました。音楽は教室に入って左端の位置にピアノがあります。試験管は教室の真ん中より少し入り口に近い所にいて入り口の方を向いて座っています。弾き歌いの時は試験管に背中を向ける形になります。試験管は中年の優しそうな女性2人で、終始ニコニコされて感じの良い方たちだったのでリラックスして落ち着いてできました。止まらずに弾く事とリズムを一定にする事と大きな声で歌うよう気をつけました。教室は声が割りと響きやすくて良かったです。ピアノの鍵盤は軽くはないですが、前日にレンタルピアノで練習して指が慣れていたので大丈夫でした。終わった人から帰っていいので私は10時半に会場をあとにしました。早かったです。
 筆記試験会場は奈良保育学院。近くにコンビニがあるので、会場に向かう途中で昼ごはんを買うことできますよ。お昼はほとんどの人が教室で食べていました。教室は冷房ガンガンで寒かったです。
 
11月28日
11:56(383)
千 葉 ムーン   3年目で合格しました。今年は発達心理・精神保健と保育実習の受験でした。
心理・精保は共に40点、実習理論は68点、実技は絵画31点、言語40点でした。

実習理論は試験会場を出た後に、ケアレスミスに気付き、点数が心配でした。
絵画は実は苦手で、過去の点数が散々だったのでどうなるかと思いました。
言語は3歳児を指定され、時間が余ってしまいましたが、いい点がとれたと思います。

勉強は事前講習会や、東京都の過去問題を中心に行いました。
エンゼルカレッジさんでの勉強はほとんどしませんでしたが、BBSなどの投稿コメントは大変参考になりました。本当にありがとうございました。
11月27日
23:13(382)
奈 良 てふてふ   今年初受験、絵画46点、音楽50点で合格できました。
私は絵画→音楽の順で受けました。受験番号が前の方だったこともあり、絵画が終わって控え室に戻るとすぐに音楽の教室へ行くよう言われ、急いでゼッケンをつけ、(ゼッケンは絵画だけはつけなくてよかった。)とにかく急いで教室移動。緊張する暇もなく、音楽は終わってしまった感じです!おそらく来年も「絵画・音楽」組と「絵画・言語」組は9時から先に絵画があり、そのあと音楽、言語に別れる形だと思いますので、受験番号が前の方は絵画の時にゼッケンをつけておいた方が余裕があるかもです。
絵画の試験官は女の人1人と男の人1人でした。描くことに集中していたのであまり覚えていないのですが、鉛筆削りは貸してもらえますが、確か鉛筆を自分で鉛筆削りを持っていて削るときも一応言わないといけない、と最初に言われた気がします。ですが、45分という短い時間、後半になったら、いちいち言わずに自分で削ってらっしゃる方もいたように思います。(それであたりまえだと思う・・・)
音楽は、2人の女性試験官。1人の方は優しそうで、もう一人の方は少し厳しい感じを受けました。入るとまず「受験番号と名前を言う」ことになってたので、入ってすぐ言おうとしたら「ここまで来て言って下さい」みたいに言われて、その時点で「やってもた!」となり、そこからもうキョドってしまいました。名前を言ったあと、こっちにピアノがあるのだろうと思って進みかけたらそこにピアノがなく(!)、ピアノの位置がわからず(アホ;)、一瞬焦りました。うわ〜位置わかってないのバレバレやな…と落ち込みながらも、ピアノを見つけた時には「こっちかよ!」ってピアノにつっこんでました。笑; 来年も同じ場所でしょうから、言っておきますと、入って左前方に試験官お2人がこっちを向いて座ってらっしゃいます。(まわりを見る余裕もなくそこに直進していったのでピアノの位置がわからなかったのです(汗))その試験官から見てすぐ右前にピアノがあります。弾く時は試験官に背を向けて、という形になります。ピアノに試験官が映って見えるので恐怖でした。「ありさん〜」も「空に〜」も「始めてください」と言われてから弾き始めました。「ありさん〜」が終わったあと、間がありますが(書いておられれるので)待っていました。

ピアノも絵も得意でしたが、「20×20」cmがわかっていなければ本当に焦っただろうし、
下書きをおうど色系でかいたらイイ、というのも知らなかったらもっと時間がなかったでしょう。こちらのサイトには本当に感謝しております。
ピアノもあんなにオドオドしてたのに大丈夫でした。入ってから出るまですべて評価されていたら50点ではなかったと思います。来年受験されるみなさんがんばってください!!
奈良県での合格者は、87人でした。
11月27日
19:43(381)
徳 島 よし   徳島の方の書き込みがまだないようなので、筆記の時のことも覚えている範囲で…。

=筆記=
文理大学へは、私は市営バスを使っていきました。朝の通勤・通学時間帯だったので、普段はあまり便利とは言えない市営バスの割には便数がありました。

試験会場内や控え室は冷房が少し効きすぎていたので、冷え性の方は羽織るものを持参した方が良いかと。実際休憩時間に数人の受験生が試験官の方に「寒い」と訴えたようです。が、うまく温度調節のできないエアコンでどうしても効きすぎてしまうらしく「中には風邪を引いている方もいらっしゃるようなので」と、気を遣って時々エアコンをOFFにしたりして対応してくれました。

机は確か5人がけの所に3人座っていたと思います。氏名の記入や注意事項の説明はすべて試験開始前に済ませまるので、試験時間には影響ありませんでした。

受験する教室や控え室では一切の飲食が禁止で、またゴミ箱の設置もありません。昼食は別棟のスナックコーナー等で食べるようにとのこと。スナックコーナーは飲み物の自販機はありますが食べ物はありません。私は2日とも外のベンチや芝生で持参した昼食を食べながら、午後の試験に向けて復習していました。控え室や廊下は少し騒がしい人もいるので、勉強しようとしてもあまり集中出来ない時も私はありました。

=実技=
12:30〜受付。受験者は9人(男1女8)。受付時に受験番号を書いた布製のゼッケンと日程表を渡されました。日程表には受験者毎のスケジュールが書かれてあります。
最初に受験者と試験官等全員集まって全般的説明。受験者より試験官・職員の方の数が多いので私はすごく緊張してしまいました。
最初の挨拶で「今年の筆記試験では少し問題もあったと聞いておりますが(不適切問題のことですね)、徳島県としては特に何の問題もなく…」と話していたので、ああやっぱり不適切問題のことも把握してるんだなぁなんて思いながら聞いていました。(当然か)

言語では最初に題名を言わないと減点になるので注意するようにと言われましたが、時間に関すること(3分以内に収まることが重要か否か)についての説明はありませんでした。

私は絵画→言語の順。絵画受験者は7人。各机に一人座るので「隣の人が消しゴムを使うと机が揺れる」というような心配もせず描けました。
私は前日からの緊張のあまり、腕時計を忘れるという失態を犯しかなり焦りました。絵画は何回も時計を見つつ描く練習をしていたので、なんとか時間内に描き上げましたが、結果的に余計なプレッシャーを自分にかけることになりました…。何度も練習していて本当に助かりました。

言語では控え室で待っていると一人一人呼び出され、まず廊下に置かれた椅子に座ります。このときすぐ隣に職員の方も一人座っています。その時に私があまりにも緊張していたので、小さい声で「肩の力を抜いて、目の前に子どもがいると思って。リラックスしてね」などとアドバイスしてくださったりもしました。一緒に肩の上げ下げや深呼吸してみたり(笑)
時間が来て教室に入ると試験官が二人とタイムキーパーが一人。子どもに見立てた20脚の椅子等はなく、受験者と試験官の距離も私は近くに感じました。5歳児との指示があり私はかさ地蔵をしました。声も小さかったし顔も引きつっていたし途中でつっかえるしと散々だったのに、何故かどうにか合格していました

今年徳島県での合格者は20名でした。
11月27日
12:29(380)
静 岡 つばめ   今年3年目、保育実習のみの受験で何とか資格取得できました。こちらのサイトでいろんな情報を頂きましたので、少しでも参考になればと思いコメントします。
静岡県の試験会場は、筆記も実技も静岡県立大学短期大学部です。静岡駅からはバスかタクシーでないと行けないので少し不便です。短期大学のすぐ前にコンビニがありますが、筆記試験の時は利用者が多く、お昼ご飯の買い物は早めにした方がいいと思います。
他の方も書かれていましたが、飲み物は短期大学の構内でも自動販売機で購入することができました。
筆記試験の時は受験者も多く、受験生控え室の食堂はわりと大勢の方が勉強していました。グループで受験されている方もいましたがそれ程騒がしくなく、落ち着いて最後の勉強をすることができました。
試験会場は、講堂及び各教室で、私は教室で受験しました。教室は30人から60人くらいの部屋で、1人掛けの机でした。講堂はどうか分かりません。去年、雨の影響で試験開始時間に間に合わず、遅れた方が大講堂(だったと思いますが)に集められ受験したのですが、その時は5人掛けくらいの長い机だったと思います。
実技試験は、言語と音楽を受験しました。実技は選択した科目ごと3つのグループに分けられていて、言語+音楽のグループは8人で9:00〜でした。事前説明のあと、音楽からの受験でした。
初め、受験番号の早い方から3名がダンス・音楽室に向かい、2名は廊下で待機します。終わったら次の方を呼びに行き、その繰り返しです。部屋はわりと広めで、ピアノに座って左やや斜め後ろくらいの所に試験管2名が座っていました。試験管は2名とも女性だったと思います。緊張でよく覚えてなくてすみません。楽譜はピアノに置いてありましたが、持参した書き込みのある楽譜を置いて弾きました。どちらが先にとの指示はなく、みなさん「ありさん」を先に弾いていたようです。
私の感想としては、歌の練習をしておけばよかったと思いました。朝早く家を出たので、大きい声で歌わず本番を迎えましたで、思っていたよりも全然声が出ませんでした。前日からかなり緊張していて、普段間違えたことがない箇所でボロボロ間違えていたので、ピアノに対し恐怖心があったため、精神的に影響して声が出なくなってしまったのかもしれません。ピアノでの弾き間違えは多分なかったと思いますが、歌はかなり小さかったと思います。結果は38点で合格でした。声がでなかったので心配してましたが、ピアノに映った自分の顔が笑っていたように感じますので、それがよかったのかもしれません。あと暗譜で弾けるくらいに練習していたので、手が覚えていたのも幸いしたのかもしれません。採点基準はやはりよく分からないです。
言語は、はるあんさんが詳しく書いてくれましたので、その通りに進められていきました。1つ疑問に思ったことがあります。事前説明の時「タイトルは開始前にかならず言ってください」と指示があったのですが、いつタイトルを言うか分かり難かったです。シールを渡し、名前と受験番号を言うと「立っても座ってもよいです」と指示があり、椅子に座りました。座ると「4歳児のおはなしをお願いします」と指定されました。間髪入れずタイトルを言えばよかったのかもしれませんが、すぐに開始の合図をされてしまったので、開始の合図があってからタイトルを言い、話始めました。そこで少し動揺してしまったのですが、お話は忘れることもなくできました。途中で切られてしまいましたが、41点頂くことができました。
私の受験したグループが8名と少なかったこともあり、他の受験生の方といろんな話ができてとても素敵な思い出ができました。
これから受験される方に少しでもお役に立てれば嬉しいです。
11月26日
16:31(379)
北海道 みやっち   今年2年目で、資格取得できました〜。
こちらのメルマガの1日1問の問題はかなり参考になりました。
ありがとうございます。
さて、実技試験ですが、私は言語と音楽で受験しました。
朝8時45分に集合と私にとってはかなり朝早く、「声が出るかな〜」と心配していました。というのも、朝6時半ごろに起きて、家で一発目に歌ってみたのが、今までにないオンチさで、自分でも笑ってしまうぐらいオンチになっていたので。
話は戻って試験ですが、私は最初に言語、次に音楽の順でした。
受験生が計9グループぐらいに分かれ、1グループ6〜7人だったと思います。
私はグループ内では2番目でした。
言語の部屋には女性の試験管2名、それに向かって4・5m離れた所に受験生が座る椅子がありました。いかにも、子供たちが座っているという想定で。
私の話は中盤に差し掛かったところでストップになりました。
「最初にタイトルだけ言ってください」という指示があったのみでした。
自分ではとにかく、ゆっくりはっきり話すように心がけました。
結果は41点でした〜。
そして、音楽。練習室のようなところにグランドピアノが・・・。
それでかなりビビリました〜。試験管は男性2名が鍵盤のすぐ横に。
机がありましたが、かなり近くだったのを覚えています。
練習室だったから、よけい近くに感じたのかな??
自分なりにふつーに弾けたと思いました。
でも、鍵盤は重かったです。
結果は47点でした〜。
結果が来るまでは「どういう採点基準なのかわからない〜」という点で、
不安でしたが、合格できました。
今年の北海道は人数が少なかったようで、お昼の12時には終わりました。

みなさんの参考になればうれしいです。
11月26日
02:37(378)
福 井 かりんちょ   兵庫在住なので平成15年度は兵庫県で初受験しました。7科目合格で、保育実習の実技試験で落ちてしまい、今年保育実習のみの受験となりました。
今年と違って、全科目合格ではなくても実技を受験できたということもあるとは思うのですが、平成15年度の兵庫県は受験者数も多く、実技試験は流れ作業の様にすすめられていきました。私は音楽と言語を選択したのですが、音楽は全体的にレベルが高かった様に思えました。
なので、全国統一試験にはなりましたが、実技試験のことを思い、平成16年度の今年は受験者数の少なさそうで、去年の情報からなんとなくレベルもそんなに高くないように思えた福井県まで受験しに行きました。
福井にはなんの縁もゆかりもなかったのですが。。。
音楽は小さな部屋で、ピアノはアップライトでした。ピアノが置いてある位置的にそうするしかないのでしょうが、試験管の2人に背を向けて弾く格好にでした。
笑顔でうたう練習もしていましたが、顔はまったく見られない位置でした。
緊張しまくって、演歌歌手のように声が震えていましたが、なんとかとまらず歌いきり、結果48点でした。
もうひとつは言語を選択したのですが、試験管の方は優しい感じでした。
男性の方は下を向いたままで、顔をあげることはありませんでしたが、女性の方は優しく聞いていてくれている雰囲気が分かりました。
言語は50点でした。去年は音楽、言語ともに散々な点数で実技を落としたので、自分でも高得点に驚きました。実技試験受験者が全員で7名で、そのうち言語選択者は4名、音楽も5名ぐらいしかいなかったので、きっと寛大な採点をしてくれたんではないかなぁ〜と思います。
福井県は会場の大学もきれいだし、受験者数も少く受験にはとてもいい環境だったと思います。少し駅から遠いですが、私は福井まで出かけて行った甲斐があったと思っています。

11月25日
23:42(377)
神奈川 黒べえ   こんにちは。私は音楽と絵画を受験しました。絵画はあまり緊張することなく練習どおりに描けたはずでしたが、ぎりぎり30点でした・・・。汗;) ちょと漫画っぽくなってしまったのがいけなかったのかなぁって思いました。音楽は小学校三年生の一年間しか習ったことなく、試験ぎりぎりまでほとんど自己流で弾いてました。そして試験三日前くらいにピアノのうまい友達に見てもらい、実技に挑みました。試験官さんは優しそうな年配の男性と女性だったので緊張せずに弾けそうな感じでしたが、しょっぱなの「ありさんのおはなし」の伴奏で指が滑ってしまい、一瞬止まりそうになりましたが、『止まったり、弾きなおしてはいけない』とこちらのサイトで学んでいましたのでそのまま続けて弾くことが出来ました。歌のほうですが、誰が聴いても音痴で当日も音程を外し・・・特に「空に〜」で。一度外すと元に戻せないので仕方なくそのまま最後まで大きな声で歌いました。私は音楽のほうが絶対だめだと思っていました。しかし38点いただくことが出来ました。恥ずかしくても大きな声で歌えたのが良かったのかなって思います。 11月25日
12:18(376)
群 馬 豚まん   以前も試験について書き込みさせていただきましたが、実技試験の結果が出ましたので報告いたします。絵画は39点、言語は50点でした。言語の50点、というのは自分でも「本当!?」という感じです。一緒に受験された方の結果が分からないのです明言できませんが、群馬の言語試験に関しては比較的良心的?なのかもしれません。今年度、群馬県の合格者は64名でした。 11月24日
17:21(375)
愛 知 アリエル    始めまして。3年目で絵画と言語で合格することができました。
会員ではなかったのですが、いろいろなページをくまなく見せていただいたので何かお役に立てばと思い、書かせていただきました。
 
 『絵画』は「楽しい給食」という題をつけて3歳未満児3人と保育士1人を描きました。(絵画の作品を送ることができたら送らせていただきます。)
保育士が1人の子に食べさせているところ。隣の子は両手を上に上げて喜んでいるところ。そのまた隣の子はご飯をすくって、モグモグ食べているところです。
 子どもの顔にご飯粒をつけたり、食器の周りにご飯やプチトマトなどを転がして散らかっている雰囲気も出してみました。
 壁面にはどんぐりや赤とんぼを描いて季節感も出るようにしてみました。

 『言語』は、4歳児の指定を受けたので「世界でいちばんきれいな声」を話しました。
もともとが5分のおはなしだったので、3分になるようにアレンジしたのですが、間を取りすぎたらしく、あと2行というところでベルが鳴ってしまいました。
 受験をされる方たちの声の中に「丸暗記は危険。話の情景を思い浮かべながら話す。頭で覚えるのではなく、体で覚える。」というのを読んで、お風呂に入っているときは声を出し、布団に入ったときは眠りに落ちるまで(すぐに寝てしまうのですが・・・)情景を思い浮かべて練習しました。

 絵画も言語も練習しているときに「これで良いのかなぁ。大丈夫かなぁ。合格できるかなぁ。」と思うたびに、「合格するために練習してるのよ!!」と、なぜか強気でいられたのに、試験前日の夕方、部屋の中が暗くなり始めたら気持も暗くなり始めてしまったのですが、友達から「いつも通りのことをしてこれば良いんだよ。ファイト!!」とメールをもらい気持を切り替えることができました。この言葉は、当日、ソワソワしだした時に気持ちを静めることもできました。
 待合室にいる時、後ろの席から何かブツブツ言っているのが聞こえてきたので、私も呼ばれるまでブツブツと話し始め、目だけ左右に動かして子どもたちを見ている練習をしていました。
小さな声ですが、声を出しているとこみ上げてくるモヤモヤも溜まらずにすんだように思います。

それぞれの点数が分からないので、どのくらいお役に立てるのか分かりませんが、合計として78点もらうことができました。 
11月24日
16:17(374)
高 知 ぴよ   言語と音楽で合格できました。言語45点、音楽49点でした。自分自身、当日は、めいっぱい緊張していましたが、今振り返ると、大きなミスはなかったなと思っています。
二科目共通して、挨拶などの礼儀をきちっとすることと、なるべく大きな声で笑顔でを心がけました。
音楽は、暗譜で弾けるくらい練習しました。ピアノに声がかき消されないように注意し、なるべく笑顔で歌いました。子どものピアノの先生にお願いして、レッスンもしてもらいました。友達にも(ピアノの先生なので)レッスンしてもらいました。色々な人に聞いてもらうと、チェックの視点も違っていいですよ。
言語は、「今日のお話は、ももたろうのおはなしです。」と試験官には言わず、子どもたちに語りかけるように始めました。5歳児でした。ももたろうと動物たちの掛け合いのところは、♪も〜もたろさん、ももたろさん…と歌で会話しました。朝、昼、晩と練習して、ぴったり3分で終わるように何度も何度も練習しました。家族に聞いてもらう事はもちろんですが、子育て支援センターの先生に聞いてもらったり、育児サークルで話したり、あらゆる機会を生かしました。とにかく笑顔、子どもの心に優しく語り掛けることを意識し、ジェスチャーはなしで、落ち着いてやさしく話しました。一人一人に目を向ける事も忘れませんでした。
3歳児だったら、「にんじんさんがあかいわけ」をもう少しやさしく直して話、4歳児だったら、「おおきなかぶ」で♪おじ〜いさんが、ま〜いた、かぶのたねから〜…も入れる予定でした。
最後は緊張して、部屋のドアを開けられず、「そこは開きませんよ」と言われ、いかに自分が緊張していたかを思い知らされました…でも、やれば必ず結果はついてくると思いました。
11月24日
14:52(373)
岡 山 ぴこち   言語と絵画で合格することが出来ました。言語が48点、絵画は33点でした。
言語のほうは、本番でもあまりあがることなくお話することが出来ました。このサイトで紹介されていた大阪での実技講習会に出席し、20人ほどの方の前でお話の練習をしたのが良かったよう思います。ずいぶん度胸がつきましたし、他の方のお話も参考になりました。
絵画のほうは余り自信が無く、ぎりぎりセーフ・・・といった感じです。45分は本当にあっという間なので、30分くらいで描き上げるくらいのつもりで練習したほうがいいと思います。
色鉛筆は、奮発して「カランダッシュ パブロ」というちょっぴりお高いものを使用しました。発色が鮮やかで、描き心地も良かったです。きわどい点数の私は、この色鉛筆に助けられたといっても過言ではないくらいです。
それにしても、絵画の点数はやはり辛めだな・・という印象です。科目間の差がかなりあるように思いました。
11月23日
16:09(372)
東 京 はる   今年2年目、音楽と絵画で合格することができました。点数は絵画が30点と本当にギリギリで冷や汗ものでした。。。
自分の感覚では、音楽に比べると絵画の出来はまずまずで、きっと大丈夫だろうと高をくくっていたのですが、この結果です。採点基準などは分かりませんが、絵画は今年からあらかじめ自分で題目を考えていけるようになったため、かなりのレベルを要求されるようになったことは皆さんの感想を読んでいても確かなようです。
私の場合、数ヶ月前から絵の練習しましたが、本格的に構図を考えて時間を測って練習し始めたのが、1週間前からでした。今思えば、もっと前から何度も何度も練習すべきだったと思います。本番では本当に時間がありません。どこに何色を塗る、これを描いたら次にこれを描くなど手順を含めて、考えなくても勝手に手が動くぐらいに練習しておくことをオススメします。紙はつるつるしていて色のりが非常に悪いので、少しでも発色のよい色鉛筆を選んだ方がいいと思います。
自信のなかった音楽の方は、「空に〜」で楽譜と明らかに違う伴奏を2箇所も弾いてしまいました。「ありさん〜」と共に声もあまり大きかったとは言えず、緊張で裏返っていたと思います。ただ止まらずに弾くことだけは心がけました。減点材料はたくさんあったと思いますが、それでも38点とれていました。練習した成果としては、決して満足のいく点数ではありません。でも本番で100%の自分を出せる人は稀だと思うし、緊張した中でどれだけ自分の実力を出せるかは、やっぱり練習を重ねることが大事だなと実感しています。

ともあれ、無事資格取得できて嬉しいです。このサイトでは実技対策でも貴重な情報などを得ることができ、本当に助けられました。
これからも少しでも何かでお役に立てれば・・・と思っています(^-^)
11月23日
11:18(371)
山 形 山形受験   おかげさまで合格しました。しかし、絵画の届いた点数は31点でした。ぎりぎりもいいところです。
確かに、練習のときより時間ぎりぎりで、練習の時と紙質の違いもあり、一部ぬりむらもありましたが、構図や表情や細部などは練習どおりに描けたと自分では思っていました。構図や構成も他の例を参考にして自分なりに自信がもてる内容を早めに決めて、何度も練習しました。
(もっとも、実際に描きはじめたのは1ケ月前からでしたが、1日1〜2枚描いていました)
それだけに、31点は「あぶなかったなぁ」「甘く見ていたなぁ」「まだまだ練習や努力が足りなかったなぁ」と反省しております。
今後、受験される皆様、参考にしてください。
来年も同じような出題傾向でしたら・・・・@早い時期にテーマを決め、構図や構成を早く決定する。A何度も描いてみる(何度も描いていると時間は短縮されました)B練習している間に使う色も決めてしまう。(明るい色)C早くから家族などから作品を見てもらい意見を聞くなどが必要だと思います。
 自分では判っていたつもり、やったつもりなのですが、31点の結果のとおりです。
 もうひとつ、自分の感想からしてですが、言語の出来や、言語で取れた点数からして、「言語にくらべ絵画の試験は難しかった」という気もします。
11月22日
22:38(370)
岐 阜 kiku   言語と音楽で合格できました。音楽では間違えてしまい、もう一度やり直していいですか?と聞いて最初からやり直してしまったので、絶望的だと思っていたのですが、32点ありました。保育士の友達から、うまく弾くことよりもゆっくり、園児が歌えるような速さで弾かないとダメだとアドバイスを受けていたので、そこが良かったのかもしれません。言語もとにかくゆっくり、はっきり、を心掛けました。選んだ絵本は”3匹のこぶた”本の内容を暗記すると忘れたときパニックになると思ったので、暗記はせず、自分の言葉
で話すようにしました。当日対象年齢を言い渡されるということでしたが、話し方や話す速度を変えればいいや!と思い、一つのお話しか準備していきませんでした。時間内に終わることが出来なかったのですが、40点ありました。子供の想像力を高めるためには、必要以上な声の抑揚や大げさな手振りはやめたほうがいいと聞いたので、淡々と話すことを心掛けました。
去年は大勢の受験者の中で実技試験を行ったと聞いていたので、今年もそうかと思い、
一番に受けられるようにしたのですが(人のを見てると緊張すると思ったので)今年は
一人ひとり受けられたので、一番の私は、訳がわからずビンボウクジを引いた気分でした。でもなんとか合格できたので、結果よければすべてよし!!このサイトと皆さんのおかげです!!!ありがとうございました。
11月22日
20:42(368)
岡 山 まさえ   おかげさまで合格できました。絵画36点 音楽47点でした。音楽のほうは声が小さくなっちゃった・・と自信があまりなかったのですが、高得点がとれていてびっくり。自分なりに考えてみると楽しそうに歌えたからかな?と思ったりしてます。仲良しの近所の子供のことを思い浮かべて笑顔を保とうと心がけてました。あと、練習の時、友達に聞いてもらったんですが、身体や顔が音楽に合わせて動いていて、いいね、といわれました。自然に首がかくかく動いちゃうんですよね・・。それがよかったのでしょうか。採点基準はまったくわからないのですが、自分で思い当たることといえばそのくらい・・。携帯のボイスレコーダーで本番の演奏を録音してみてたのですが、あとで聞いた所、テンポが少しずれてたり、声は小さいし、ありさんのほうは楽譜どおりに弾けてなかったりと、発表の日までひやひやだったんですがよかったです。ほっ。
絵のほうは こちらで皆さんもかかれてますが、採点厳しいような気が・・。もう少し色を濃い目に ぐりぐり塗ったほうがよかったのかもしれません。全面いちおう塗れたんですが、背景は黄色でうすーーくだったので・・。子供3人の顔を全て横向きに書いたのも減点対象なのかなぁ。
11月22日
17:18(367)
福 島 きたのちえ   福島県の結果発表についての体験談です。
福島市以外で、急いで結果を知りたい方のご参考になれば幸いです。m(_ _)m

発表日の11/19(金)に、自治体の地方振興局へ出かけました。
私「11/19付の県報を閲覧させていただけますか?」
担当者「まだ届いておりません」 え???

新聞のように当日配達されるのではなく、発行日以後に送付されるもの、とのこと。勢いよく申し出たので恥ずかしく、仕事を午前休して往復2時間のムダ足か・・・と落ち込みました。

担当者「県に問合せをしましょうか?」
私「ありがとうございます!おねがいします!」

個人の番号を照合するか、県報の原稿をFAXするか、の二択で、後者を選びました。FAX紙を見て感激する私に、担当の方はコピーまでしてくださいました。

翌日11/20(土)、合格通知書が届きました。
内容は以下のとおりです。
1.平成16年度福島県保育士試験の結果について(通知)※案内文 1枚
2.保育士試験合格通知書 1枚
3.平成16年福島県保育士試験の得点結果等について(通知) 1枚
4.保育士登録の手引き(新規登録申請用) 一式

また、ホームページを確認すると11/19付で合格者番号が掲載されていました。平成15年までは氏名まで掲載されていましたが、今回はシンプルに受験番号のみでした。
登録には合格通知書・¥4200振込の両方が必要なので、通知書が届かない19(金)には手続ができませんから、あせらず待てばよかったようです。

以上の経緯で、合格の通知をいただきました!
エンゼルカレッジさんに教材選びから実技練習までお世話になりました。夢輝さんも、掲示板でやり取りさせて頂いた方も、皆さんに親切にしていただきました。本当にありがとうございました。
11月22日
17:03(366)
山 形 山形受験   おかげさまで自分の予想以上の点数(48点)で言語は合格できました。ありがとうございました。以下は参考になればと思い書かせていただきます。

私は現在の仕事上から年数回、面接試験に立ち会っています。そして、いつも思っていたのが皆さん同じような応答をされるのでした。そのせいか、特徴ある返答をされるとなにかしら、印象に残り何故かしら個性を感じたのです。その経験を今回の受験(逆の立場ですが)に応用してみました。
まず、考えたあげくに、お話の内容は知られていないものを年齢に合わせ2つ選びました。何故かといいますと、試験官も人の子、同じ題材が続くと飽きも来るだろうし、
前の受験者とも比べるだろうし・・・・と思ったのです。その結果、私は3分以上になってしまい、最後の1行を言わないまま終わってしまったのですが、試験官の表情は、「最後までやってよ」という感じに見えました。(私が勝手思っただけかもしれませんが)
次に行なったの暗記です。その次は表現や語り口調の練習を繰り返し行ないました。練習の成果を聞いてもらえる人が少なかったので、自分の練習内容をビデオに何度も撮って工夫をしてみました。
さらに、受験時には試験官の印象を少しでも良くしたいとの考えから(セコイかもしれませんが)と、自分を落ち着かせたいとの考えから時々使っていたエプロンを着用して試験に臨みました。絵入りのエプロンを着けるのはある意味では恥ずかしかったのですが(だって他の受験者は誰もそんな準備をしていなかったのですから)そんな中で「どう思われてもいい」、予定通り「着用して試験に望むんだ」と思って着用したら、はずかしさもふっとび落ち着いて試験に望むことが出来ました。
予想以上の高得点がとれたのは、上記のことが功を成したのかなと自分では思っています。(あくまでも自分だけのひとりよがりですが)
参考にならないのかもしれませんが、少しでも参考になるところがあればと思っています。
言語が高得点で合格出来たのは皆様のおかげでもあります。本当にありがとうございました。
(実技対策「言語」掲示板 より転記いたしました 夢輝)
11月22日
00:29(364)



あなたが投稿した記事に表示されている"No"
及び投稿時に入力した パスワードを指定すると修正・削除が行えます。

No Pass

mezase! Ver0.82 Created by Tacky